電気主任技術者になるために

電気主任技術者とは、その名の通り、電気に関わる設備に関連して必要となる資格です。

電気主任技術者は国家資格なのですが、第一種ともなると、かなり難しい試験で、その難易度は医師や弁護士などと同等のレベルとなっています。
電気主任技術者にはその他に第二種、第三種があるのですが、第二種も非常に難しい資格となっています。
第三種で普通レベルとなっています。
つまり、電気主任技術者の資格自体、全体的に難しい資格だということです。

しかし反対にこの資格を持っていると電気主任技術者の就職に非常に有利だといえるのです。

その電気主任技術者になるためには、まず第三種から取得していくことをお勧めします。
なぜなら、第二種、第一種と上級資格を目指すにつれ、試験科目に免除が認められるようになるからです。
また、実務経験もある場合には、さらに免除が認められる場合があります。

第三種の場合は、高校の専門科目卒業レベルで受験可能ですが、第二種ともなると、大学での専門科目修了レベル、第一種では大学院での専門科目修了レベルが求められるようになります。
資格取得に際して、前年度に合格している科目がある場合には、翌年度は不合格の科目だけを受験すればいいことになっているので、そういった制度も有効に利用した方が、資格取得がしやすくなるでしょう。
無事に資格の取得が出来たら電気主任技術者の求人・転職情報サイトをチェックしましょう。